箱庭セラピーとは


いまから50年ほど前、心理学者の河合隼雄氏が、スイスのユング研究所に留学した折に出会い、日本に持ち帰って発展させたものです。

もともとは子ども向けの心理療法でしたが、大人にも効果があるものとして注目されました。

現在では、カウンセリングの現場からエステサロンまで、幅広い分野で活用されています。

セラピストが見守る中で箱庭を製作すると、自己治癒力が働き癒されてゆきます。

1回ですっきりしたきもちになる人もいますが、定期的に製作しシリーズで見てゆくと、心の世界が大きく動いていくのがわかります。

ユニークで効果的なセラピーを、どうぞ体験してみてください。

自分を表現するのが苦手な方や、
お子様のストレスケアにもおすすめです